メタボが気になったら、すぐ行動し早めに解決するのが最善な方法。

見た目への影響

最近、腹回りが成長したような気がする、体が重くなった、体重が増えた、何となくだるくて動くのが億劫になった、そんなものがひとつでもあったら、自分がメタボに足を突っ込んでいるかもしれないと思ってください。
メタボとはメタボリックシンドロームの略で、日本語に直せば代謝症候群、内容的には内蔵脂肪型肥満に高血糖、高血圧、異質異常症のうちふたつ以上を合併した症状を言います。
単に太っているだけでメタボということはないのです。
このメタボが厄介なのは、高血糖や高血圧はそれだけでも十分に危険な症状であるのに、さらに他の病気が合併することによって、症状が進行する、さらには動脈硬化が現れるなど危険をはらむことになってしまうのです。

しかし悲観することはなく、メタボは努力によって改善することができますので、診断されたら、もしくは自分がもしかしてと思ったら即座に行動をはじめるべきなのです。
改善に役立つのは食事制限と運動、ようするにダイエットを行うのが一番であるのですが、それが出来たらそもそもメタボ状態なんかになりはしませんので、まずは意志を強く持つことが大事になってくるのです。
食事はヘルシーで高タンパク質なものを、間食や酒類はなるべく控えた方がいいですが、どうしても無理ならカロリーの低い、栄養価の高いものを選んで食べるとういいです。
アルコールの関してもヘルシーな発泡酒系に変えて、無理しないようにするのがいいです。
そして運動を併用すれば少しずつ改善されるはずです。
無理せず長く続けて健康を取り戻していきたいです。